きっと、会えると思っている。だから、待っていよう
今から6年前。会社を辞めた。
心身のバランスを崩し、ちょっとしたことでも涙を出さなければ受け入れられないようになっていた。
話を聞いても頭の中へは入ってこない。
とりあえず、まずは、退職届を出すことからはじめよう、そんな状態だった。

それから1年が過ぎたある日、私は自分が歩けなくなっていることに気づいた。
いや、歩けるのだが、10分以上歩けない。

これは、まずい。そうして、毎日少しずつ歩き始めた。
少しずつ歩き、地下鉄のウォーキングイベントに参加したりして、6km程度なら歩くことができるようになってきた。

「もう少し歩けるようにならないと」

そんな時に自分の好きな「諏訪」でウォーキングイベントがあることを知った。
行くしかない。
直感を信じて行ってみた。

諏訪湖一周約16kmを「歩く」イベント。

がんばってもがんばっても、一向にゴールは見えない。
休憩ポイントもどこなんだ、というくらい遠く感じる。
5時間ちょっと前くらいで何とかゴールした。

来年こそもう少し早く歩き終えたい。
名古屋に戻って、また歩いてみた。

 
続きを読む >>
| 思い出あれこれ | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コンペイトウの先生
昨日、ちょっとしたことがあって、久しぶりに大学に行ってきた。
大学に行くのは卒業以来。
あれからずいぶんと変わってしまって、教授のいらっしゃる研究棟にいくことさえ、
迷ってしまった。。。(笑)

センセの研究室にいくと、自分が分解されて、ろ過されて、組み立てなおされて出てこれる。

ただ。
必ず、思い出してしまうことがあって、研究室の扉を開けた瞬間に、
「いらっしゃい」という一声を耳にするだけで泣いてしまうのが恐縮で……。

*********

続きを読む >>
| 思い出あれこれ | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ことり。
高校時代の現代社会のせんせ。
非常勤講師の方でした。

銀行に内定が決まっていたのに蹴ってこの学校に。

「だって、お札に向かっているより、人と向かっていたほうが楽しいでしょ?」

ノンバンク、ってなんだよーーー!

とか、カテゴリごとにいろいろ調べた。
調べた結果はノートの右のページに書いて、授業は左のページに書いて。

なんど調べてもわかんなくって、せんせに聞いたこともあったっけ。

試験もユニークで。
「文中の空欄を下から記号でうめよ」

―― くっそ、勉強したのに、あと1つ、埋まらないよ。。。。ん??

解答欄 : ソトテアカイク?サカシタコ

そ、外で?? 赤い? 探した子?
く、く、く、靴!!

自信もって「ツ」って書き入れました。

「結構考えるの大変なんですけど、勉強してきてもどうしてもわからない時にいいでしょ?」

そういうことを考えてくれるせんせが素敵でした。

続きを読む >>
| 思い出あれこれ | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
たんけんぼくのまち。
これ、分かる人、だいたい30代前後(笑)

とうとうDVD化されます!!
アマゾンで見たのですが、いや、このコメントが泣けますね。

ETV50年に寄せてもう一度見たい番組リクエストNo.1に選ばれた


今のETV50リクエスト、ランキングでは、2位。

あぁぁぁっ。買っちゃう、たぶん。



| 思い出あれこれ | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コールセンター
SEの卵として数年の経験をつんだ私は、上司の戦略で
「使う側の視点に立てるようになって来い!」
ということで、コールセンター管理者の立場として送り出されました。

その頃のお話。。。もう数年前のことですね。

着任してから、わかったことに、引継ぎ期間ゼロ。
その理由は前任者がお客様を怒らせて「代えろ!!」といわれたため、
引継ぎの期間があると「怒らせた部分も引き継いでしまうから」。

何でも、お客様をかなり粗略に扱ったとか。。。

でも。そうなると、私は大きなビハインドをしょってることになります。


さて、着任して数日。
同僚(管理者の一人)がお客様から怒られています。

「なんで、コールセンターがつながんねーんだよ!!」

確かに、お怒りはごもっともです。
つながらないコールセンターはいりません。

私、ここで、ふと、思います。
お客様に、不信感与えているかも。。。


さて。。。私。
本当はコールセンターの管理なんて作業範囲じゃなかったんです。
でも。
大きなビハインドを何とかしないと、私の仕事にならないわけで。
ビハインドを何とかするためには、お客様の信頼を勝ち得るしかなくて。
お客様の信頼を勝ち得るためには、自分たちの部署が責任を果たさないと
まずもってダメで。

つまり。
私たちの部署の主業務であるコールセンター管理の仕事で、まず、私たちの部署がお客様から信頼を勝ち得なければならない状況になったのです。


そこで、切羽詰った私は、コールセンターに足を運びました。

続きを読む >>
| 思い出あれこれ | 23:42 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
せっせっせーの
よいよいよい。



昔、遊んだ事、あります。

今日、久しぶりに聞きました。

ロビーで、ちっちゃい女の子がお母さんと遊んでました。


♪お寺の和尚さんが、
 かぼちゃの種を蒔きました。
 芽が出て膨らんで、…

懐かしいなぁ〜、と思ってたら…彼女のお母さんが吹き出しました。

♪〜
 東京タワーにぶつかって
 ぐるぐる回ってじゃんけんぽん!









花が咲いたら、じゃんけんぽん!


ですよね?

| 思い出あれこれ | 12:28 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
私と国語
mixiに立ってたトピ。

このお題はいろいろありすぎて書くのに困る…(^^;)


高校2年の古文。
最初の授業はテストからだ。
担当する先生がみんなの力をはかるためのテスト。
どうもそこで私は先生の目についたらしい。

先生は言った。
教科書、ノート、辞書、文法書を机の上に出して授業を聞け!

出してない人は容赦なく、叩かれた。それも古語辞典の角で。

私は出してなかった。

机にあるのは、教科書だけ。
一番前の席で、腕を組んで聞いていた。


一度たりとも怒られることはなかった。


その代わりに先生といつでも意思疎通してないといけなかった。

ある時は、先生と目を見合わせて笑ったり、なぁ〜と振られたら、正しくジェスチャーしないといけなかった。
つまり。
何かあったら、当てれば意図通りの回答をする必要があった。

毎日がバトルだった。

ある時、先生と延々一問一答した。
続きを読む >>
| 思い出あれこれ | 08:11 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
家庭教師
テレビCMを見ながら、昔のバイトのことで思い出したことがあったので、
忘れないように書き留めておきます。

ちなみに、見たcmは、、、

家庭教師のトライ
 http://www.trygroup.co.jp/

えぇ。あの、顔に落書きされてるヤツです。
「トライは、プロ家庭教師だから。。。」
と言ってる、あれです。

で、ここからは、「家庭教師」の話です。
続きを読む >>
| 思い出あれこれ | 01:31 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Notice

内容に無関係なコメントは事前予告なしで削除します。
メイン記事がアフィリエイトからのコメント、トラックバックは、誘導行為とみなし、削除する場合があります。

「読み逃げ」大歓迎です。
コメントしたいときだけ、コメントください。
こちらからは、コメントの義理返しは一切しません。

トラックバックは承認後表示します。

読みました。

あい♪の最近読んだ本

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

Click!!

LINKS

PROFILE

SEARCH